さまよえるフィッシャーの夢見帳

todaydream.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 03日

キセキレイ 抱卵から巣立ちまで

雪の重みで潰れそうになった納屋解体のため搬出整理していたが、水ホースを丸めておいたカゴを外の空きド
ラム缶の上に置いておいたら何と小鳥の卵が6個。何という鳥の卵かな?

5月15日(産卵は10日ころか?)  大きさは大きなグミの実くらいであろうか。
e0260013_22292654.jpg
カゴの上には木板が覆っていたので丸い空間と外敵を避けるのにちょうど塩梅の良いところと思ったのでしょうね。

しかしドラム缶も処分するので車庫前に移したが親鳥が放棄しないかと心配したが
e0260013_22461724.jpg
どうやら忘れずに抱卵しておりました。キセキレイだと思います。
5月22日
e0260013_22501385.jpg


それからも時々そ~と近づいて覗いたりして観察しておりましたが雛が誕生です
5月25日 9:04
e0260013_22582961.jpg
前日まで抱卵しておりましたから今朝までに孵ったんですね。親鳥はエサを求めに行ったのか不在でした。

5月28日
e0260013_233837.jpg
数えてみたら6羽います。卵が全部孵ったんだとうれしく思いましたね。
エサを持ってきた親鳥と思っているのか大きな口を開けてます。身体にくらべほんとでっかい口だ。

その後イトウ釣行などで見ておりませんでしたが
6月1日 16:40
e0260013_2364588.jpg
かなり鳥らしくなってましたので巣立ちはいつかな~と。

雛だとピーピーとかチュンチュンとか鳴くものと思ってましたが一度もそういうことはなく静か~にしている。
鳴けば外敵に悟られてしまうからだろうが、私もカラスかキツネにやられないかと心配していたが利口に
できているものだ。

6月3日 6:35
e0260013_23151032.jpg
空っぽでした。意外と早かったのでもしやカラスにやられたのではと。またいつもは見かけないつがいの
キセキレイが近くを飛び回っていたので余計そう思ってしまったが野良仕事から戻ってきた昼ごろ、バタバタ
と飛べない鳥がワンちゃん(コロ)に追い立てられて縁台の下に身を寄せていると聞き見てみると
e0260013_2332123.jpg
やはり巣立ったんだ、と安心したが迷子になってしまったので親が探していたのかな。

コロのつないであるチェーンも短くしておき様子をみることにして、昼飯後縁台下を見るとどこかに去ってし
まっていた。まだいるようなら巣に戻しておこうと思っていたが、自然のなりゆきに任せるのが一番ですね。

小鳥は産卵から巣立ちまでだいたい20日間くらいの生態なんだろうな。
なかなか野生では観ることのでできない小鳥の誕生、楽しませてもらいました。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-06-03 23:51 | 生物 | Comments(0)


<< 20インチお初      メーターを夢見て >>