さまよえるフィッシャーの夢見帳

todaydream.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 27日

ドライフライでアメマス

24日10時ころ、泊まりでオホーツク海へサケ釣りに向かう。

サケ釣りについては9月初めにアップしたので詳細省略するが、浮きルアーで3本、フライで1本。
全部♂で1本ぐらいは♀であって欲しかったが釣れただけでも運が良かったと思うしかない。
浮きルアーでは溜めて溜めて「おりゃ~」と合わせたのにもかかわらずバラシの連発で下手くそなのが
よ~く分かった(笑)

さて当日は15時ころに着けば良いので途中寄り道をしてアメマス狙いで遊ぶことにした。

早速得意な?安直マーカー釣りで。いつものところは透明で底まで見える、アメマスのプチ群れが浮
上していて丸見えだ。でも落としこんでジッと待ってると当たりますね。
e0260013_759396.jpg
いじめられたような傷跡があります。反対側にも有りましたので糸が絡みついたのかも知れないがちょっと大きな傷だな。

当たりもすぐ遠のいたので少し移動してみる。ちょっとは濁りが有ったほうが良いようだ。
e0260013_7584629.jpg

私のアメマスの釣り方、通常はというかこれしか無いようなマーカー釣りだが小さいライズがあったので
もしかしたらニジ?
確認しようといつものビッグドライを結ぶ。でどうかというと来ますきます。アメ、アメ、ニジ、アメと。
e0260013_883815.jpg
e0260013_891843.jpg
圧倒的にアメですがジャンプしてバレた40近くのニジも出た。

大きめアメは豪快なアタックをしてくれます。49cmでした。こういう出方をされるとアメとはいえ興奮しますね。
e0260013_8123777.jpg

さすがに連発してくると渋くなって来たのでこれを最後にというか、もういいだろうな気持ちで終了。
e0260013_8155120.jpg


短時間のつもりが少し延長、これだけ遊べたので寄り道も悪くない、サケ釣りより楽しかった。
サケ釣りは所詮漁師的に確保目的ですから。ですからフライフィッシングでというのにはこだわっていない。
確保するための手段の一つという位置づけだ。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-09-27 08:33 | 釣り | Comments(0)


<< アメマスの背の色      ダブルレインボーブリッジ >>