さまよえるフィッシャーの夢見帳

todaydream.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 06月 30日

逃がした魚は大きい

とは良く聞きますが、実際本当なのかも知れませんが話のネタにしていくと誇張されて聞こえてきますよね。

きょうの魚もそうだと思って読んで下さいね(笑)

27日です

早く目は覚めるが、寒いので6時ころにスタート。

昨日の流れで来ています。この辺りになると水も多少濁り、し尿の臭いはないまでも釣り気分が多少乗らない。
もちろん初めてのところなのでどこか良さそうなところがないかなと車でうろうろ。
ま、適当に入り易いところを見つけたのでそこに決める。

ポイントとなるような深みがないし流れのあるところも浅いし反応もなし。
とにかく期待しないで下りながらそれらしいところを流して行きましたら  (6:50)
e0260013_2150877.jpg
 30cmくらいですね
e0260013_7261781.jpg
 
よし、いることはいるんだとちょっと歩いてみる気が起きました。

直前まで気が付きませんでしたが、雛だとすばやく逃げれなかったのでしょう。
e0260013_7303125.jpg


このカモ達のいたところ岩盤が続いています。
裂け目に大物潜むということも聞きますが期待できないけど一応沈めてみるか。

ところが・・・でかい~! ぐんぐん沈みます、マーカーを深めにしているが全く浮いてきません。  (7:15)
e0260013_215231.jpg
やや下流に流れたところで動かない。少しロッドを立てたら魚影が、50半ばはある、やっとネットを使うサイズが
出たと喜んだ瞬間引き込まれ・・・プッツン、あれっ!

取り込みの下手さを悔やみながら戻ります。
e0260013_745410.jpg


さ~て次はどうするか、さらに下流には行く気がしないし。
ということで一つ南の本流系に行ってみたが竿も出さずに退散。
お次は4年前、かつての同僚から教えてもらっていたところを思い出し、そこへ直行。

岩盤帯でその落ち込みとか、見るからに大物いそうな雰囲気ありあり、でも相当釣り人も入っていただろうから残っているかな? 
小さいのが残っていたね    (15:35)
e0260013_7571989.jpg
e0260013_7585470.jpg


これでまた少し元気が、でも後が続きません。
もうそろそろ終了かな、それならドライに切り替えて何箇所かで  (17:20) 
e0260013_562437.jpg
がっぽり飲みこんでくれたが、鼻っつらがつぶれて、テールが少し欠けている。それでも元気に出てきてくれたのが嬉しいですね。

* きょうは昨日の反動か、車移動中すぐ眠くなる。ここはしっかり休憩したのと移動で釣り時間は
  少なかったが初めてのところを見て歩きはこんなもんだと思えば良し。明日も似たような一日に
  なりそう。


28日

午前中は昨夕の下流をずっと歩いてみることにします。
川幅は広いが減水しているので岸伝い、あるところでは横断したりと下ることができます。
e0260013_146421.jpg


それにしても出ない、いるのかいないのか?

やっと40くらいのが3連続ジャンプ、しかしこれも近くに寄って引き上げ体制の時バレ(涙)

残念だけど次にどんどん進みますがなしのつぶて、帰路はお馬さんに見送られながらとぼとぼと。
e0260013_146744.jpg


一応これで今回の釣行夢も終わり。あとはゆっくりドライブで家路に。
途中寄り道しながら竿を出していくことにしようか。    (16:10  近郊)
e0260013_1424142.jpg
銀毛山女かな
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-06-30 05:12 | 釣り | Comments(0)
2012年 06月 29日

暑くなったので

26~28日、急に暑くなったので川の水で冷やしに行った夢を見た。



26日

朝7時スタート時はまだ寒いのに9時ころには一気に暑くなります。

その中、橋を起点にして3連続の橋をはしご、結局17時まで10時間休みなしです。

休憩は昼に木陰でおにぎりを食べた時ぐらいでしょうか。

それにしても急に暑くなった感が、さすがに汗をたくさん。さいわい近くにある温泉で一流し、缶ビールを飲ん
でぐっすり眠れました。

さて川歩きの方は、ん~ん、数が出ません。
昨年もこの時期に来て、小さいけどライズは結構見られたのに今回はどこも皆無です。


最初の橋、ここからの上流は初めてのコース。
e0260013_6175970.jpg
苔むした岸や濃い緑、そしてきれいな水と空気、月並みではあるが気持ち良い。
これででかいのやたくさん釣れたらなら・・・と欲張ります。

もうポイントは流れ込みや深みっぽいところに絞るとそうありませんでした。

一応ドライでと思ってスタートしたもののさっぱりなので本当にいるのかなと沈めたり、浮かしたりとポイント毎にチェックして行ったらこの行程3時間半もかかってしまった。帰路の道路歩きは30分なのに。

一応ドライでも出ましたが小さい。30cmくらい   (7:35)
e0260013_6225345.jpg


これは40cm近く、このくらいになると引きもかなり違ってくるが強引に寄せた。 (7:50)
e0260013_626440.jpg


小さな在来種も  (9:45)
e0260013_629175.jpg

結局このコースでは、写真を撮ろうとしたら飛び跳ねて行ってしまった40ちょい?も含め7~8匹か。


次の橋に移動、ここは昨年2度入っているので遡行もすんなりとですね。
小さいけれどちょっとまとまって出るところもありましたが、それ以外は出て欲しいところで出ません。
大きくてもこの程度     (12:30)
e0260013_634981.jpg


少し疲れを感じるようになったが、まだ少し時間がある。一つ下の橋の上流をちょいやって〆るか。
昨年は小さいながらも楽しめたが、きょうの状況(ライズなし)からするとどうかなと思いながら歩くが・・・
何もなしとは、車まで畑を見ながら歩いて終了。
e0260013_645109.jpg


結局、最初と2番目のところで十数匹というところか。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-06-29 06:51 | 釣り | Comments(0)
2012年 06月 19日

アメ・サクラの海とカラス貝の川

2日間のイトウ釣り、もういいっか、ということで残り2日

16日

少し移動し、初めてのところです。              (3:46 オホーツク海の夜明け)
e0260013_8372654.jpg

15日、会った方が小さいけどサクラとアメが朝夕ルアーでたくさん釣れたよと教えてくれたのでどんなとこ
ろかと興味もありついでに足をのばしてきた。

とあるチョロチョロ川のある広い海岸、さ~てどこが良いのか見当がつきません。
e0260013_11192285.jpg

人がまばらではあるが多少寄っているところはそれなりに良いのかなと思い、空いているどん詰まりまでと
りあえずとことこ歩きます。

ハネもモジリも見えませんが、途中ルアーの方でポツラポツラとアメを揚げていますのでいることは間違い
ないが広い海、果たして岸からフライで釣れるものなのか。

さてどん詰まりは小さなゆるいワンド、直ぐにヒット。アメマスが頻繁に当たりますのでこれはこれで楽しい。
e0260013_9254015.jpg


しかしこれも朝一で、無風でピーカン、もうダメかなと思っていたのですが札幌から稚内に単身赴任中で
釣り三昧?というフライマンのお話では、回遊しているから真っ昼間でも波打ち岸際で釣れるんですよと
のこと。

そうなれば、休み休みしながら粘ることにしますか。
e0260013_9343269.jpg


お話の通り、待望の結果が出ました。結局これだけでしたが、これまたうれしい正夢となりましたね。(11:40)
e0260013_9221977.jpg

最初はまたアメかと、でも小さいながらも背中の色がすごく綺麗(ブルーっぽく)だから写真を撮ろうかと
近くに寄せてきたら、これはサクラだと分かり何となく慎重にランディングでした。
サクラ、海ならではの躍動が、小さいながらも走ります。
(釣り三昧のフライマンさんありがとうございます。またお会いすることがありましたら宜しく!)

19時で今日は終了。初めてのフィールドということもあり寄って楽しかったと言えますね。

* 会う方々は昨日はよく釣れたと聞いてきているようですが、全体的には貧果でしょう。いつものごとくの
 「きのうは」とかですが、それに私も乗せられてきた一人であります(笑)

                   (17:50ころのアメマス)
e0260013_933090.jpg



さて4日間の釣行予定も最後は「カラス貝の川」に寄ってみることに
e0260013_10391156.jpg


17日

大物がよく出るという川でありますが、そう通っている川ではありません。
きょうは初めて入るポイントですが、結論を先にいいますと・・・×

だれもが絶好のポイントということで入ってはみたものの何の反応もありません。
先行者もしつこく2サイクル流したがダメだったのことですが、この川での私のレベルではただポイントを
知っただけでは釣れないなと、何となく感じた次第であります。
少し考えなきゃと。それともっと通うのとか。

* 田舎にいた子供のころはカラス貝と呼んでいたのですが、川真珠貝ということは大人になって知りました(汗)
水に濡れているときは何となく怪しげで綺麗に見えたので一個いただいてきましたが、作りたてフライの仮置
きとして乗っけてみよう。
e0260013_1039447.jpg



以上、4日間の楽しい釣行夢でしたが、さて次はどこの夢を見るかな(笑)
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-06-19 19:47 | 釣り | Comments(2)
2012年 06月 18日

イトウ釣り再チャレンジ(15日)

前日14日はそこそこの結果(大したことではないのに)で満足していたが、日めくりしたら
もうその満足感は消えてます。

さぁ、きょうも釣るぞ~(笑)                    (3:34) 
e0260013_841585.jpg


河口の方ではすでに人が入ってます。早い~ 

そうそうに切り上げ昨夕の結果から夕方に期待することにしました。

それにしても天気が良いと昼間は釣りにならず時間の空白を感じますが、本を持ってくるのを
忘れたしあとは眠るしかない。

16時ころからもぞもぞと動きだしますが、やはり昨日同様暗くなる直前に期待となりますね。

きょうは昨夕の対岸からとしてみましたがどうかな?

19時40分ヒット、軽いな、しかし岸揚げできたと思ったところで外れ駆け寄るもサヨナラでした。

19時50分ヒット、今度はそこそこ重いな、70台後半か? 時間的にもこれが最後だからと慎重
に寄せてと

80cmちょうど。これが潮時かな、で再チャレンジ終了です。
e0260013_83956.jpg
e0260013_834098.jpg



* 羆フライ、せっかく作ったのが忘れてきてしまった。大したことないものだが来年にとっておこう。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-06-18 20:40 | 釣り | Comments(2)
2012年 06月 18日

イトウ釣り再チャレンジ(14日)

例年1回の猿◇川、前回の負釣(不調)が悔しかったのか再チャレンジの夢をみた。

潮位の変動も小さく、風も弱い、そして天気は晴れ と条件は良くないのかも知れない。
ただ一点良いのは寒くなく弱点である指先が冷たくならないことか。

今回も厳しいかなと思いながらも夢だけは気持ちを膨らませ4日間飛んできました。


14日

予想通り、フラットな水面に波紋は見られず早くもやる気をそがれる気持ち、ボ~がよぎります。

もはや水の動きの大きいところを探して移動するしかないな、前回は入らなかったポイントですが
すでに4人のフライマンがおり見ていると小さいながらもポツポツとヒットしているではないか。
(あとで一人の方とお話を、3人は名古屋からイトウ釣りにきているとのことでした。そして全員イトウ
を見ることができたそうです)

そのうち空いたスペースに入らせてもらいましたが時間的にもかなり経っておりダメかなと、でもいる
ことはいるんだからと振り続けますが・・・

そして4人組の方達が引き上げたあとは貸切となりますが、その直後に待望のヒット。

68cmと小さいながらもこれできょうは一安心(笑)                     (8:00ころ) 
e0260013_6412254.jpg
                  
欲を張ってさらに振り続けますが、安堵感もありほどなくやめて夕方まで休息です。


夕方は朝とは違うポイントを探りますがまだ明るいうちは魚っ気がどこも見られません。

何でしょう? ミンク?  こちらに全く気づく様子もなく動きまわっていますので撮ってみました。
e0260013_659528.jpg


またまた移動、そして薄暗くなるに従ってガバッ、ガバッと活動し出しました。

ヨシっ、このチャンスを逃すまいとフライも◆色に変えてキャスト・・・

すぐにあたりはあったが乗らず、だんだん暗さが濃くなってきますので少し焦りが出ますが・・・

60cmと小さいがやはり釣れたらうれしいですね。                (19:50ころ)
e0260013_8222364.jpg

* 19:50ころの明るさはシューティングラインの絡まりをほどくことができる、また足元が見れる程度
  ではあるがライトなしでは20時が限界であろう。

明日も楽しみだな!
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-06-18 07:22 | 釣り | Comments(2)
2012年 06月 06日

105年後の夢

2117年12月11日、つまり105年後に起きる夢をみました。

金星が太陽面を横断するという滅多にない天文ショーであります。

というか最近では2004年、そして2012年6月6日ですからね(・・・きょうでしたね)。
e0260013_16403058.jpg
                               (2012.6.6の太陽面通過状況)

日食メガネで見ても肉眼ではかなり小さい。さすがにデジカメでは写せません。

サイパルの天文台で撮ってきました。
e0260013_16324952.jpg
右やや下にある丸く黒いのが金星ですね。実際とは逆に投影されているとのことです。
そして中央近辺にちょこちょこと散らばって薄くみえる黒っぽいのはレンズに付いているゴミではなく
太陽の黒点ですよ。
ちなみに太陽が6000度くらいで黒点は4000度らしいです。

次回は105年後か、その時はどこかのお空から見てみましょう(笑)
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-06-06 08:43 | 自然 | Comments(2)
2012年 06月 06日

中島公園

20数年ぶりでしょうか、このアンツーカーコート。
e0260013_5294168.jpg

その時はナイターであったが、今回は日中。
3人で行ってちょっと遊んできました。いえ、遊ばれてきました(笑)

最近は管理がしやすい人口芝コートがほとんどなのでクレーコートに接する機会はそうありません。
特有のイレギュラーは多いとは言え、膝にはやさしいコートですね。

やれやれ、遊ばれたけど当初の目標を何とか手に入れたので良しとしますか。
さあ、これから10月中旬までは釣りに集中しようかな。

4日の夢でありました。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-06-06 05:19 | 文芸・スポーツ | Comments(0)
2012年 06月 05日

すずらん

ほのかな香り、ここは群生地。鼻を近づけなくとも肌寒いがしっとりとした空気とともに漂ってきます。
e0260013_93545.jpg


樹木が乱立しているほどでもなく、牧場の址なのか(・・・西太后様のひらめき)と思ったらやはりそうでした。
e0260013_962062.jpg

かつて馬を放牧していたが有毒なスズランが選択的に残り、それが繁茂して群生地となったそうです。

しかしよってたかって乱獲したので群生地としての危機もありましたが地元の努力もあり、復活。

もちろん今は採取禁止です。おいしそうなワラビもです(笑)
e0260013_97541.jpg


タイミング良く10時からのオープニングに「スズラン1本」と交通安全の願いをこめた「愛の鈴」をいただくことができました。

広場では平取牛の焼肉会場ともなっておりますが、昼ごろには賑わうことでしょうね。
e0260013_9114139.jpg


e0260013_9142437.jpg
e0260013_9135674.jpg
e0260013_9375386.jpg


そして二風谷で町営のアイヌ文化博物館の見学もしてきました。
e0260013_9212953.jpg
人の好み・見方はそれぞれでしょうがなかなか見ごたえのある展示場でした。
展示品に年代が表示してあればさらに良かったのにとは思いましたが。

その流れで「萱野茂二風谷アイヌ資料館」も見学してきましたが、萱野茂さんがいかに
アイヌ文化・精神を保存・継承させていこうかということが両館を観て伝わる思いでした。

通りがかったらぜひ寄られることをお勧めします(両館セット入館料 700円)
チセでの実演も見られます(無料)


以上、3日の夢でした。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-06-05 09:41 | 観光 | Comments(2)