さまよえるフィッシャーの夢見帳

todaydream.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2013年 01月 29日

初釣り

26日に長沼のKさんから202匹なんてメールが送られたら、28日さっそく行ってきた夢をみたのだが。

当日の零時ころ現地到着、母子鹿3頭が越冬草があるのかここでは初めてみます。そして朝までぐっすり眠
りましたね。

さあ明るくなりましたがー10℃、軍手2枚重ねも指先が切れるような冷たさでちょっとキャスト・リトリーブした
らギブアップ、足も冷たくなるしそのたびに車で暖をとりながらです。

手袋しているとキャスト・リトリーブも思うように行かず疲れますがしょうがない。
隣ではmuraさんが順調に揚げている。そして「冷たくてもそこをがまんするのさ」なんて言われてしまった。

さいわい天気も良く風もないので9時ころには素手でできるくらいになったのでそれからはま、快釣でしたね。

いつもならアメマスは朝一が良くて陽がさしてくると渋くなるパターンだが、きょうはまったく関係ない状況だ。

ここには10年くらい来ているがこんなことは初めてである。

小さい最初の1尾
e0260013_23472948.jpg


大きくても42~45cm止まりでサイズ的にはいまいちであるが、数釣りできるところが楽しい。

ちょい大き目はグリーンバック
e0260013_2349182.jpg


隙あらばとか釣り人がご馳走してくれるの待っているコンキチ
e0260013_847524.jpg


いじめられた跡がある魚も釣れたりします。
e0260013_8511216.jpg



muraさんは10時で帰ったがカウンター片手に50匹いったとのこと。
15時ころまでいた地元Fさんは三桁いったというし。
そういう周りの状況から推測すると小生は80~90匹かと思われるが、こういう機会なのでいろいろなフライを
試してみた。一番はメル〇ィを使ったフライ、これは真っ昼間でも一投ごとに当たるがテールが絡まるところと
千切れてくるところが難である。

もう一日予定していたがこれでじゅうぶん満足というのと飽きてきた?ので帰ることにしたがこんな楽しい初釣
りはもう無いかもしれない。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2013-01-29 09:07 | 釣り | Comments(8)
2013年 01月 26日

かにのつめ

昨日、遠く中部から1年ぶりにきた人物を乗せガリンコ号を見に行くことに。
最初は層雲峡の氷爆まつりを見せに行く計画であったが途中で急遽変更。
もっとも昼間の氷爆まつりを見てもおもしろくないかも。

昼から天気荒れる予報であったが夕方までに帰ってくるなら交通は大丈夫だろうと想定。
帰路は多少吹雪かれたが逆に凍結路が雪で覆われスリップの不安を和らげてくれた。


13時ころ現地着、まずは何年振りかな?というなつかしいこれを見た。
e0260013_18352085.jpg
カラフトマス釣りをする釣り人ならだれもが知っていると思うが、私もカラフトマス釣りを始めたころは良く来たところである。

港内には流氷が少し漂っているが、遠くに見える海にはまだ押し寄せていないようだ。
e0260013_19444298.jpg
e0260013_1947511.jpg


40分くらい航海したところにあるそうだが波浪高く欠航しているとのこと。


ガリンコⅡ号、初めてみます。先端両サイドにはスクリューがあるんですね。これで砕氷していくわけだ。
e0260013_18512873.jpg


今回はガリンコ号の流氷クルーズは予定していなかったので2月にはぜひ体験したいと思っている。


さてさてこの記事を書いているときにメールが。

「きょうアメマス202匹、最高記録です」ってさ。
「朝から暗くなるまで休みなしでくたくただ」ってさ。
長沼のKさん、よく数えてましたね、そこに感心しますよ(笑)

ではその準備もしますかね!!
[PR]

by wanderboy-hiro | 2013-01-26 18:34 | 観光 | Comments(0)
2013年 01月 17日

一走り

久々の記事になってしまった。新年になって1月も半分過ぎたがもっぱらテニスで遊んでいる。

きょうの18年前は阪神淡路大震災発生か、時が経つのは早いものだ。


さて13年前の冬を思い出したかのように、ちょっと一走りの夢を見た。

時期が夏なら一走りで川で釣りをというパターンだが、今回は・・・
e0260013_17471237.jpg


雪のない苫に行ってからその後初めて触るスキー、はたして13年振りでうまく滑れるかどうか?

WAXはそのまんまで行きます。ウェアはどこに仕舞ったか不明なので普段着でと行き当たりばったり
のとりあえず一走りしてみようかである。

行き先はゴルフ場になります。
e0260013_1748291.jpg

ここで来た道を見たところ
e0260013_1864241.jpg

さてここでは暖房付きの休憩所もあるしコースもしっかりと整備されている。また人も少ないので林間を
気持ち良くマイペースで回れるところである。

さあスタート。晴天ではあるが気温は低い(-10くらいか)、でも澄み切った空気の中をさっそう?と滑リ歩く
のは気持ちいいですね。
e0260013_1749534.jpg


途中の分かれ道。迷わず楽な左の3Kコースに行きます。
e0260013_17511885.jpg
ちょうど5Kコース?からのスキーヤーが左上に見えますが、結局途中見かけたのはこの一人だけでした。

スタートからしばらくはバランスが取れなくふらふらしたり、ストックワークもバラバラでしたが後半は少し
修整されてきた。あとは体力だけの問題だ。上り坂はいやでも体力強化になりそうだな(笑)
e0260013_1757272.jpg


Xカンスキーは全身を使うので非常にバランスのとれた運動で、また衝撃も少ないので膝をやさしく強化
してくれると思っている。


20年前、こういうことを経験している。

ふらのスキー場で林間の深雪コースで大転倒。左肩が物が持てないくらいで車の運転もやっとという状態。
医者は骨は何でもない打撲だけだというが腕をまともに上げれないし痛みもなかなか弱くならない状態が続
いたので医者は間違ってるんじゃないか、てなことも思ったりしたものだ。
痛いのでXカンスキーも中止していたが、骨がなんともないなら筋肉のリハビリ兼ねてやってみようかと再開
したところ最初はやはり痛かったが回数を重ねるうちにだんだんと薄れて行く。そしていつのまにか完全に治
ってしまったのである。

これでXカンスキーは体力強化には最適だという神話が私の中でできてしまった。
(ただ相変わらず指先が冷たくなるのが難点だ)
[PR]

by wanderboy-hiro | 2013-01-17 18:19 | 文芸・スポーツ | Comments(2)