さまよえるフィッシャーの夢見帳

todaydream.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2014年 07月 30日

唯我独尊カレー

「唯我独尊」、このネーミングで誘われるのか?それとも美味しい評判で行くのか?

私一人ならわざわざ食べに行くことはないが、遠くから来たのが行きたいというのでお付き合い。

富良野のどこにあるかも知らなかったが駅の近くだと言う。

ちっちゃな店で受付待ちの人が何人かいたがそう待たずに入れた。
e0260013_2236283.jpg


若いアベックとの相席であるがそのテーブルが狭いこと。そして壁一面が名刺の壁紙になっている。
e0260013_22431294.jpg


さて本命のカレー 「ソーセージ付オムカレー」
e0260013_22453966.jpg

そして気になるお値段はというと  1500円。

ふんわり玉子の下にはとろけるチーズが乗っかっていました。ライスはターメリック入りで炊いているがわずかな色付け程度。

スパイス以外は道産品を使用、お米は「きらら397」だ。味はともかく地産地消となれば応援しましょう。

味は? 美味しくいただきましたが、いろんな観光客がくるので食べやすい(口当たりが良い)味にしてい
るのでしょうね。最初の一口はちょっと辛いか、と思ったがその後は特に感ぜずでした。

ついでに途中の花畑にも寄ってみた。ここも初めてです。というかいつも素通りしています。
e0260013_2342314.jpg


あともう1ヶ所 「ケンとメリーのポプラ」
e0260013_238560.jpg
これも通りがかりに良くみています。
180cmの男が立っていますのでこのポプラの高さがどのくらいか想像できますね(^^)
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-07-30 22:39 | 観光 | Comments(0)
2014年 07月 20日

グリーンバックのニジマス

小さいけれどきれいなグリーンバックのニジマス。
e0260013_5185677.jpg


フローター釣り大好きsakaさん、これまた大好きm神輿担ぎさんと山中湖で浮かんできた。
私は初めてのところ、mさんは5年振りらしい。
e0260013_5212848.jpg


着きました。しかしUターンできるエントリー場所まで進入できるのが直前でストップだ。
e0260013_527662.jpg
どうやら雷で折れたようだが枝は切り払ってあったので倒木をまたいで通れる。
帰りは狭い道を数十メートルはバック走行となるが、そこに車を置いてフローター準備。

sakaさんが言うには、ここの天候は上からの冷たい水もあり夏でもガスがかかったりで寒いとのことだが、きょ
うは朝から小雨が降ったり止んだりが終了まで続いたが14~18度くらいと極端な冷え込みでなく助かった。

朝7時エントリーとなったがライズも全くなく、下に沈んでいるのかなとタイプⅢで引っ張ってみるも反応なしだ。
魚っ気がないように思ったがお二人が岸ぎりぎりにドライで小さいのが釣れたというのでチェンジ。
e0260013_5591653.jpg


時間が昼ころに近づくにつれ岸際でライズが出始めるが小さい。もう釣れればこんなのでもOKだ。そのうち大
きいのも当たるかもと期待したが、最後までこんな調子で終わってしまった。
e0260013_601186.jpg


ブラウンも釣れたが小さい。
e0260013_6122419.jpg


ここで捕食状態もチェック。上記ブラウンのです。
e0260013_694897.jpg
右の黒い羽根虫が7~8匹出てきた。後でポンプを洗ったらそのくらい有った。

先に小ニジのも見てみたのですが、そこそこ食べているようですね。アントは有りましたが少ないようです。

釣れるには釣れてもこのサイズばかりだと飽きがきてしまい、適当なところで私は上がったがお二人は頑張り
ます。mさん30数匹とか、浅瀬のところには稚魚の群れがたくさん見受けるが終盤には自作1・2番ロッドでそ
れを相手に楽しんでおりました(笑) 稚魚の正体はブラウンでした。
e0260013_6314825.jpg


結局、皆さん小さい魚で終わった。他に来てた方も数は出るが小さいのばかりと。
小さいから出るのかも知れませんが大物は時期があるのでしょうかね?
そしてここは何回もこないと大物には会えないらしい。・・・それも難しい。

ちょっと秘境的と綺麗な魚で今回は楽しませてくれたが、またタイミングをみて来てみたい所になりました。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-07-20 22:16 | 釣り | Comments(0)
2014年 07月 19日

香の里川

16日の大谷投手、150km連投してましたね。この日は(も?)制球が乱れながらも何とか5回無失点で
切り抜けました。バックネット裏ほぼ正面で観てましたが、このようなスピードボールを見てると野球の醍
醐味が伝わるようで楽しかったです。写真を載せようと思ったら手違いでSDカードから削除してしまった。

次の日の準備もあるので6回まで観て帰りましたが、17日~18日朝まで「香の里」にある川に。
ここも年一回のスケジュール。

<17日>

10時半開始、すでに多く釣り人が入っているようでしたが平日なので少ない方なのかも。

◯雄橋から一つ上の橋まで約4時間かけて行ったのですが順調なスタート。

降りたところに先行者がいたので2回も声をかけたのですが返事が無い。というかリーダートラブル解除で
気が付かないのか?のでそのままちょっと上の流れ込みから入らせてもらうことにした。
そして最初の流れを浮かしても出ないので表層を引っ張ったら出てきた最初のニジ。
e0260013_524489.jpg
40cmくらいか?ここのアベレージ的サイズでしょう。

ライズはそうありませんが見つけたら、ほぼ出てくれましたし、要所要所を叩いて行くとそれなりに当たりが
出ます。いるんですね。そしてやる気がある魚がたくさん。

左の倒木前と右端の木の下でライズ、ちょっと遠投でドラッグも少しかかりかけたが両方とも喰ってくれた。
e0260013_5264281.jpg
右の木の下のニジ、痩せているけど多分これが今日のmax(48cm)かなと思って撮ったがその通りでした。
e0260013_5331147.jpg


スタート時から暑かったのですが湿度もあるのか蒸し暑い、少し曇っていたので直射でないのが助かった
が車まで約40分歩いて戻ったら汗べったりで全部着替えた。

話は戻るが、順調な当たりも12時過ぎあたりから遠くなる。ふぁっときても見切られるようになる。

ここから腕の見せどころと行きたいのですが、バラシを除いて二桁行った多少の満足感とやはり腕不足が
ハッキリと出ます。

そうやってゆっくり遡行したら4時間もかかっていた。その後はもちろん昼寝ですね(^_^;)

夕方6時頃、明日の下見にと◯滝橋の下に降りてみるも期待のライズは無いし出もしないので結局7時
で本日終了。もう少し暗くなるまで大丈夫とは思ったが万一プ~さんに会うの嫌だしね。


<18日>

きょうは9時までの予定。まずは昨日の上の橋の支流オ◯ラ合流付近で見切られた魚をやっつけてやろうと。
そこまでウェットで流しながら下って行くと、意外や3本も出てくれた。しかし本命のところではドライでも無反応、
移動してしまった?そんなわけ無いだろうと思いながらも諦め、今日のポイント◯滝橋に移動です。
e0260013_1238274.jpg
残り時間もあまりないので9時までここで行ったり来たりして粘ることに決めてます。

大きなライズが単発的にはあるが流れが緩いだけに厳しいな~と思いつつも3匹も出てくれました。どれもア
ベレージサイズだけれど、ここでは出てくれただけでも儲けものという感じかな。
最初のニジ
e0260013_1223812.jpg
ちょっとゲボさせてごめんよ(^^)
e0260013_12244545.jpg
原形を残していないので今朝の食事はまだのようだが、水生昆虫の透明な抜け殻のようなものが
何個かあった。(赤っぽいのがそう。中が解けて殻が残ったのか?)

悪いが3匹めもチェック
e0260013_12283273.jpg
新しいのは無くほとんど何を喰っていたのか分からない状態。今朝はフライを「ごっつあんです」と飛びついて
来たのでしょうが悪かったねと言って戻してやった(^^)

きのうきょうの魚体と胃袋チェックから、今はそう捕食が出来ていないのか?エサも夏枯れ状態?
テレストリアもまだなのか?でももう少し経って夜が涼しくなってきたら荒食いに入って来るのかも
知れませんね。ただカラフトマスが遡ってこないうちが釣り易いだろうな。

デカニジは出なかったのが少々残念だが、釣れて楽しい二日間の「香の里川」でした。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-07-19 13:04 | 釣り | Comments(0)
2014年 07月 12日

近郊の砂防ダム川

7月11日

本日の最高気温30度の予報、なのに昼過ぎのこのこと出かける。

少し奥まった渓なら少しは涼しいかなと。やはり暑かったです(汗)

民家が無くなって道路も砂利道になり、途中大きな砂防ダムが見えた。さらに行くと某大手製紙会社
の社有林標示のゲートでストップ。

まずはここで調査してみるかと竿をだしてみたものの全く反応なし。すでに降りた跡があったので釣り
つくされたのか?

こんどは車で戻りながら砂防ダムまで入れそうなところを探して行きます。

入れるところ=入った踏跡 、 があるものです。ちょっとした開きでライズがあるが小さい。
e0260013_21245185.jpg

ニジかな?アメかな?小さくともこの際良しですっていうかそれが想定ですからね。

出ました。お~、うれしいですね。いたんだ!オショロコマが。
e0260013_21233612.jpg


その後は、小さいニジだけが釣れたがサイズは大きくて25cm、数はそこそこいるのだからタイミング
良かったらデカニジに会えるのかもしれない。

今度は砂防ダム下流に入って行くが、落差工の連続である。案内看板では短区間で17落差工ある。
e0260013_21252939.jpg
よくまあ~造ったものだ。
e0260013_21274762.jpg
(濡れているところは私が歩いた跡)
どれも魚道が設置されており上流まで魚が登れるようになっているので、先ほどのゲート上流ならもっと
大きくて数も出ることも期待できるが単独では度胸が要りそうである。

この川に限らず、どこもかしこも砂防ダムや落差工が多くあり、とにかく作りたがる組織があるんだなぁ。
どこかの漏洩ダムなんか今だに金をつぎ込んでいるが完全になるのか?もうすでに当初の目的は存在
しないようにも思えるが。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-07-12 21:49 | 釣り | Comments(0)
2014年 07月 09日

じゃがいもの花

今年はじゃがいもを5品種植えてみた。特に調理計画があった訳ではない、何となく植えてみようかである。

家庭菜園だから少量多品種で楽しむことは出来るが、家庭菜園とはいえ作業の効率が良くない。来年は
2~3品種がいいところだろう。
e0260013_22502383.jpg

ちょうど花が咲き始めたのでそれぞれの花を眺めると似ているもの、全く系統が違うのかなと思うものとある。

ちょっと鑑賞してみるのも楽しいが、記録として撮ってみた。


スタールビー   皮が赤っぽく中はクリームっぽい。甘くとても美味しいのでこれは毎年植える。
e0260013_22332742.jpg


北あかり
e0260013_22361866.jpg
   

男爵
e0260013_22372539.jpg


北あかりと男爵、似ているな。

メークイン   煮崩れしずらいので煮物に適しているが私個人としては好みではない
e0260013_2240835.jpg


シャドークイーン   皮も中身も紫色。物珍しさはあるが美味しくない。昨年採れた残りがあったので植えたが来年は植えない。
e0260013_2244369.jpg


食べきれないのにこんなに植えてどうするかと思ってはいたが、ついつい面積が増えてしまった。
それだけ作業が増えてたいへんです(^^)

収穫したら、芋の断面を撮って見比べてみます。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-07-09 22:25 | 野良仕事 | Comments(0)
2014年 07月 09日

C別湖の魚の胃袋

6月末、フローター釣り大好きsakaさんからそこそこ釣れたがそう大きくなく、それにもまして
痩せていると聞き及ぶ。

どうしてかな?ヒゲナガ出てれば喰いまくるはずだが。

7月7、8日と所用で美瑛との行き帰り夕方通りかかるついでに、ちょっと胃袋の中をみてみ
ようと寄ってみた。


7日

とりあえず釣れた30cmくらい。やはり痩せている。
e0260013_1354325.jpg

何が入っているかな?
e0260013_13561889.jpg
何も喰ってないような、わずかに3粒の虫、しかも極小。

8日

きょうも何とか釣れたので調べてみます。40cm弱のニジマス、これもスマートな体型。
e0260013_21395013.jpg

さっそく吐き出してもらった。
e0260013_2143087.jpg
たったこれだけか!これじゃ痩せてるのも納得だ。
捕食対象はほとんどがアント。よし今度はアントフライを用意してこようか。


<結論>

やはりダム湖の中ではエサとなるものは少ないようで、また捕食対象もミッジのように小さいので
個体も太れないようだ。そして水生昆虫でなく流れてきた陸生(アントとか)が対象か。これから用
意するフライの参考になりそうである。
それにしてもエサが少ないならフライに見境い無く食い付いて欲しいものだが、それがまたシビア
なんだよな(^^)
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-07-09 22:07 | 釣り | Comments(0)
2014年 07月 09日

新・ご当地グルメ グランプリin北海道2014

7月5日

美しい丘と 美食?のまち美瑛町で開催された「ご当地グルメグランプリ」、通りがかりに寄ってみた。

13チームの出店だが北海道内各地で企画開発されたご当地グルメ。
e0260013_23462419.jpg


さぞかし美味しいものが食べられるか、ちょうど腹が減っていたこともあり期待して入場です。

13チーム全てを制覇できるわけないのでどれにしようか悩みますが、「寿都ホッケめし」がいいかな?
「エゾカツカレー」がいいかな~?と迷います。
e0260013_116455.jpg


以下、私個人の好みからくる独断的感想ですので悪しからず。

でも何となく「大樹チーズサーモン丼」をチョイス。(映像がボケてしまった、)
e0260013_005214.jpg
 何が決めてかというとチーズの天ぷらでしょうか。そして鮭の天ぷらもそうです。
鮭のフライは自分でも調理してるが天ぷらはどんなものなのか?  

物珍しさと空腹で美味しくいただきました。でも「つけ塩」、「かけタレ」、「つけタレ」の3種類で楽しむようだが
どれを主張するのか良く分からない。結局、全部上からかけてミックスタレのようになって食べた。
まっ、普通の天丼と変わらないのかな。

一品、どれも600円。ですから会場で提供されるのは全てミニですので一品だけでは物足りない量だ。
もうひと品食べることにして、今度は汁物ということで「羽幌えびしおラーメン」
e0260013_019921.jpg
箸をつけてしまってから撮ってしまった(汗)

素揚げの甘エビにタコ餃子が入っている。いかにも産地羽幌らしい特色を出している。
タコ餃子はうまかったと言えるが、素揚げエビはバリバリと噛じる。どうもラーメンのズルズルには合わない感だ。
そして味の決め手は「えび粉」「えび油」とエビつくしのラーメンだが、凡人の舌には良く分からない。でも一般
的に食べているラーメン屋の味とは違うなとは分かった。

ラーメンほどどこが美味いうまくないが人それぞれな食べ物はないと思っている。要はどこが一番とか優劣が
付けづらい食べ物である。個人の好み次第だ。


この「ご当地グルメ祭り」、たったの二品しか試食していないが思ったことは、現地を訪れた時には物珍しさで
食べてみるのも良いが、味を求めて行くことはあまり期待しない方が良いということだ。

まだお腹に入るなら「寿都ホッケめし」「今金男爵ポテサラごはん」を食べてみたかったな。
結局、定食メニューが一番無難かなと思えるのです。


        
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-07-09 01:20 | 観光 | Comments(0)
2014年 07月 07日

ライズ多いけど厳しい

7月2日になるが

朝一は流れの強いところに入ってみた。ライズは無いしポイント的には初めてのところ
なのでウェットで流してみることにしたが、早々にヒット。

オォ~、いるじゃない・・・と思ったら
e0260013_23321544.jpg

これが2本も釣れちゃった。
こんなところでウ~が釣れるとは思わなかったのでデカニジ期待してきたところだけに
この時はちょっとガッカリかな。

何箇所が移動してみるも日中は全くライズも無し。想定通りといえばそうだが、他にする
こともないから昼寝で時間潰しをして夕まずめに備えます。
e0260013_2348272.jpg

夕まずめはすぐ車に戻りやすいところにしたが
e0260013_23524976.jpg
ライズがボコボコ出始めている。
しかし、そう簡単には行きません。無視されたり、来たっと思ったら乗らずとかされますが
やっと喰ってくれたニジはライズは小さいけど鮮やかな頬紅をつけた46cm。
e0260013_23575345.jpg
e0260013_23202240.jpg
ジャンプも派手に3回もしてくれて何か久々にニジマスを釣ったという気分になったところで終了である。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-07-07 00:03 | 釣り | Comments(0)