さまよえるフィッシャーの夢見帳

todaydream.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2014年 09月 27日

ドライフライでアメマス

24日10時ころ、泊まりでオホーツク海へサケ釣りに向かう。

サケ釣りについては9月初めにアップしたので詳細省略するが、浮きルアーで3本、フライで1本。
全部♂で1本ぐらいは♀であって欲しかったが釣れただけでも運が良かったと思うしかない。
浮きルアーでは溜めて溜めて「おりゃ~」と合わせたのにもかかわらずバラシの連発で下手くそなのが
よ~く分かった(笑)

さて当日は15時ころに着けば良いので途中寄り道をしてアメマス狙いで遊ぶことにした。

早速得意な?安直マーカー釣りで。いつものところは透明で底まで見える、アメマスのプチ群れが浮
上していて丸見えだ。でも落としこんでジッと待ってると当たりますね。
e0260013_759396.jpg
いじめられたような傷跡があります。反対側にも有りましたので糸が絡みついたのかも知れないがちょっと大きな傷だな。

当たりもすぐ遠のいたので少し移動してみる。ちょっとは濁りが有ったほうが良いようだ。
e0260013_7584629.jpg

私のアメマスの釣り方、通常はというかこれしか無いようなマーカー釣りだが小さいライズがあったので
もしかしたらニジ?
確認しようといつものビッグドライを結ぶ。でどうかというと来ますきます。アメ、アメ、ニジ、アメと。
e0260013_883815.jpg
e0260013_891843.jpg
圧倒的にアメですがジャンプしてバレた40近くのニジも出た。

大きめアメは豪快なアタックをしてくれます。49cmでした。こういう出方をされるとアメとはいえ興奮しますね。
e0260013_8123777.jpg

さすがに連発してくると渋くなって来たのでこれを最後にというか、もういいだろうな気持ちで終了。
e0260013_8155120.jpg


短時間のつもりが少し延長、これだけ遊べたので寄り道も悪くない、サケ釣りより楽しかった。
サケ釣りは所詮漁師的に確保目的ですから。ですからフライフィッシングでというのにはこだわっていない。
確保するための手段の一つという位置づけだ。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-09-27 08:33 | 釣り | Comments(0)
2014年 09月 17日

ダブルレインボーブリッジ

残念、家の少ないところで撮ろうとウロウロしていたら薄くなっていた。

所用でとある建物に入るときは雨が降っていたが、1時間後出るときパラパラの中で明るい陽射しがでている。

ちょうど雨も上がったところなのだろう。見事というか鮮やかな虹がくっきりとアーチになって出現しているではないか。
そしてそれだけではなく、更にその上にやや薄いが虹がかかっている。

珍しい現象か?でないにしてもそう出会うことはないだろう。
ましてや仕事中なら虹が出ていることことすら分からないのだから。

e0260013_22445271.jpg

どこまで行っても家が邪魔だが虹が消えないうちにとあわてて撮った。
道路正面の奥の方、少し右にかすかに虹が見える。この時は消える直前。

近い空間での発現なのか鮮やかな虹を見たのは久し振りという感じで見とれていましたね。

そして歌の文句じゃないけれど「虹の彼方には何が?」 と。何もないのは分かっているがちょっと空想に耽けてしまう(笑)
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-09-17 23:03 | 自然 | Comments(0)
2014年 09月 14日

大きいネットを持っていったのだが

近くの本流の水位も下がり、立ち込んでの釣りもできるようになって来たようなのでここは一発大物と
大きいネットを持っていったのですが・・・

トホホである。
e0260013_21481910.jpg


本流も減水して濁りもなく、また天気が良いとどこもかしこも魚がいそうなポイントに見える。
e0260013_21531732.jpg
立ち込みではネオプレーンのウェーダーでないと保たないくらい水も冷たくなっているが上の魚は
この流れのあるところで出てくれた。

e0260013_2159287.jpg
この対岸に餌釣り師が現れ、対岸の裏側で釣ったと思われる大きな魚を両手に持って「ホレっ」と見せつけられる。
人差し指を揚げて「1本?」、返事は「片手」であった。こんなところまでくるのは多分地元の爺さんだな。
と勝手に決めつけてしまったが、魚が居着くポイントを良く知っているのであろう。

その後ポイント変えながら小虹3本、どこかに大物ニジが潜んでいるのは間違いないがこの本流で巡り会える
には私のレベルでは何回も通わなければならないみたいだ。否、何回通ってもダメかも。

小虹の他にイワナのような小魚が釣れたが薄い朱斑点があるが何だろう?オショロコマかな?ブルック・トラウト?
e0260013_2223444.jpg
e0260013_22244140.jpg


最後のところでは大きめ40cm台?の激しい飛沫も見れたが、手の平のが当たっただけで終了。
e0260013_6315356.jpg


今の時期サケ釣りもいいが広い川でのフィッシングも気持ちいいものだ。長い行程、次はどこに入ろうかな(^_^;)
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-09-14 22:33 | 釣り | Comments(0)
2014年 09月 13日

鮭ルアー

昨年10月、定山渓で行われたクラス会、案内には「入学OO周年クラス会」。
卒業でなく入学です。ですから中退者もちょっと遅れて卒業した者も一緒である。
ほとんどが卒業以来の顔合わせ、誰だったっけ?と思い出せないくらい皆変貌(笑)

その中で札幌在住のsato君、大の釣り好きであることが分かり鮭釣りの話で盛り上がった。
今度一緒しましょうということで別れたわけだが、先日実現。しかし残念ながら天候悪く、釣りにならない。
いきおい車の中で飲みながら釣り談義となったわけだが、サケ・マスの時は1箇所に留まらず転々と釣り場
巡り(私に言わせれば放浪だね)が楽しいそうだ。車の運転が苦にならないそうなので出来ることだが、私は
すぐ眠くなるので到底ムリだ。

また仕掛け作りやルアー、浮きを自作することも楽しみだそうな。

そしていただきました。私なんか数個しか持っていないルアーが倍増です。うれしいですね(^_^;)
e0260013_2355455.jpg
中古のルアーに色々デコレーションしてどぶ漬けを5回のコーティングで作り上げてるとのこと。
これならすぐ剥がれることはないくらい厚い塗りだ。
さあこれで試して釣ってくれとプレッシャーをかけられましたので何としても釣らねばなりません(汗)

さて何時行こうかな?15日昼~16日か?
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-09-13 00:07 | 釣り | Comments(0)
2014年 09月 10日

生活用水路にサクラマスが

8日、おっ、放水がきのうから止まっている。急にお尻が浮いてきた。

そして現地到着は昼過ぎ。周りはもうイネ刈りが入るころだが、なんか護岸の工事も入っている。
今どんな必要性で工事がなされているのかな?100年に一度の洪水対策のため?侵食のため?
上流にダムがあるのに。それとも業界の活性化?なのか。受益者は誰なんだ?

ちょっと前置きが長くなってしまったが、さっそく最初のポイントに入ってみるがすっかり変わって深み
が無くなっている。すぐに移動と川から上がるとき放送が「発電のため水が増えますから・・・」、何と
タイミング悪いのか。きょうは流れのあるところでしたくて来たのに。近くに流れのある逃げ場はないし。
結局近いいつもの所か
e0260013_841117.jpg

いきなり釣れたのはアメマス
e0260013_8433086.jpg
53cmときょうの最大となるだろうと思ったがその通りであった。
時間潰しに二桁以上になったところで納竿、どうもここでのアメマス釣りも飽きてきたようだ。

9日 
e0260013_973450.jpg

コロと散歩をしていると道路横の用水路でバチャバチャと魚が跳ねてる、このまだらと色はサクラマスだ。
すぐに気づいて下流に下がり橋の下辺りに隠れてしまう。一度車に戻ってカメラを持参してまだいるところを
パチリ。
e0260013_8574930.jpg
e0260013_8581931.jpg

大きいオスが邪魔くさいチビオス達をひっきりなしに追ったくっていました。これからさらに遡上していくところ
なんでしょう。ここ美瑛川支流憩川のような用水路にもサクラマスが入って来るとは思いもしなかったのでまん
ざら水質がひどい川でも無いのかとも。ちょっとうれしくなった散歩でしたね。コロのお陰だよ(^_^;)
e0260013_982225.jpg

[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-09-10 08:39 | 釣り | Comments(0)
2014年 09月 06日

とりあえず初サケ釣りに

泊まりでオホーツクまで今年初のサケ釣りへ。

その日4日はサケがたくさん岸寄り。でも朝はフライフィッシングでは手出しが出来ません。

昼寝してからの出番です。魚はまだウロウロ、なんとかなりそうですが予想通りなかなか喰って
くれませんよ。

とにかく数はいるからフライに反射的に飛びつくのがいるかもと期待して、飛ばしては寄せる波に
乗るラインをたぐり寄せのくりかえし。

う~ん、スレでした。
e0260013_21594738.jpg

この時はバーブレスフック使用、ラインがたるんだりしたのですが外れずにランディング。背びれ
に引っ掛かっていたが、ペンチを使う前に魚がバタバタして難なく外れた。

昼からは写真のような感じの左岸、まばらな状況。(これは次の日5日で魚いないので人もいない)
e0260013_220478.jpg
右岸側は全くと言っていいほど終日釣り人はいませんでした。
e0260013_22183936.jpg
いるのは流れ出し正面だけ、当然密集してます。(これも次の日の昼ころ)

さて先ほどのはオスでしたが時を置かずしてヒット、今度は突っ走ることもなくランディングも楽勝。
e0260013_2213385.jpg
メスですね。喰ったというより開いた口にフライがちょうど入ったという感じのように見える(笑)

その後ちょっと続けるも当たりもないしゲットした2本の始末もあるのでこの日は止め。

5日も浮きルアーマン達がいなくなってから昼までフライを流して今年初のサケ釣りは楽しく終了だ。


そうそう行くとき途中の川が「寄ってきな」、と何となく聞こえた。じゃそうかいと。

で最初の川の溜まりではアメマスが小さいけど10匹くらい。
e0260013_2282624.jpg


次の川では橋の上から大きなニジが2匹(つがいか?)見える。でもこういうのって釣れないですよ。
そして代わりにちょい上のところで小さいが幅広がジャンプしてくれましたね。
e0260013_2292455.jpg


3時間弱のところ6時間もかかってオホーツク海に、結局その日は移動で終了だった。ま、余裕のある
釣行であるがゆえのいつものように計画性が無いとも言えるかな(笑)・・・だからいつも何か忘れる(汗)
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-09-06 22:22 | 釣り | Comments(0)