さまよえるフィッシャーの夢見帳

todaydream.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 27日

初ドライ釣り

久し振りの竿振りです。

もうドライフライでも行けるでしょ。ということで近郊の渓流に15時過ぎ到着。4番ロッドで行きます。

ここでは極短い区間を対象としている。ポイントもそうあるわけでは無いので3~4匹出てくれれば
良しだがどうかな?餌釣りが入られて持って行かれていたらゼロも有りだし。

水はほんの少し多めだが遡行は十分できるほどなのでライズに期待していきます。

ちょい歩いたところで小さいライズ。見合ったサイズでした。
e0260013_23153036.jpg

さっそくいつものように。
e0260013_23172340.jpg

流れてくるのを爆喰いしているみたいなので必ず他のポイントでもライズがあると期待して先に進みましたが
・・・ぜんぜん有りません。当然ドライフライにも反応ゼロでここは終了です。

車に戻ると大きな竹製のビクとリール付竿を持った餌釣り氏が下の方から戻ってきた。何も当たらないとい
う。知り合いから魚居るよと聞いて来たんだがねと。 ・・・そりゃ抜いてったらいないでしょ・・・ 
と言ったのですがそれはそれで納得したようだが今度は上に向かって行った。「かんけ~ねぇ」なのかもね。

帰路、途中の川にあるプールの状況だけ見ておこうと寄ってみるとmunetaさん、今年もよろしくと挨拶をし
てここの最近の状況のレクチャーを受ける。まだヒゲナガの群れは無いとのことでフローティングニンフで小
さいのがポツポツ当たる程度とのこと。

さてどうしようかなと思ったが折角寄ったのだからと6番ロッド準備してこんなチビチビが。ピックアップし
たら後ろ側に飛んで行きましたよ(笑)
e0260013_2342591.jpg

きょうはこんなところで納竿。今度はヒゲナガ乱舞の6月中旬に来てみるとするか。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2015-05-27 23:38 | 釣り | Comments(0)
2015年 05月 17日

コロのリラックスタイム

最近、コロの相手をしてやっていない。久し振りに家の裏山に通じる道を散歩。

戻って来たら赤っぽいダニがいっぱいつけてきた。ジッとしていないのでそれを除去するのに大人3人がかり。
世話のやけるコロでしたが、その後はだらりとリラックスです。(アイフォン5でズームアップで撮ってみた)
e0260013_20365510.jpg

ちょっと熊に似ていなくもないか?
e0260013_203983.jpg

ここ掘れワンワン!何も出なかったようで疲れた~
e0260013_2041225.jpg


ダニ予防の薬があるそうなので買ってこなくては!!

 
[PR]

by wanderboy-hiro | 2015-05-17 20:25 | 生物 | Comments(0)
2015年 05月 12日

-1(マイナスワン)

きょうも行ってきました。きょうは野良仕事に行く途中寄り道しての現地8~10時過ぎの短時間。

そしていつもの安直システムで
e0260013_81192.jpg

ドロッパーにも
e0260013_8321031.jpg
など4尾、そこそこ順調に出たのだがどうもその後は不釣モード。

そこで根がかり覚悟でマイナス1システムに。といっても簡単なこと。

これを外しただけ(笑)
e0260013_895745.jpg
いろんな方が好みのマーカーを自作して愛用されていることでしょうが、私は大きい楕円シモリに焼き鳥の
竹串を削った芯棒を差し込んだマーカーを愛用。当初、芯棒を簡単に削れる爪楊枝にしたところ水気を含む
とすぐ折れてしまったので焼きの入った焼き鳥串なら丈夫だろうとなった。実際使ってみると耐久性は十分あ
る。少々重めのフライやガン玉の対応マーカーとして使っている。

きょうの流し方は、底を意識してのウェット的な流し方。それでもフライは浮いて来るだろうから水面下の
流下物を捕食しているライズにも効果あるかも。マーカーを付けるとどうしても早く流されてしまうのでこ
こでは無い方が良さそうということでした。

そして結果は
e0260013_8474619.jpg
e0260013_848401.jpg


うまく釣ることができました。そして何が出るか一応チェックしてみます。
e0260013_8503079.jpg


一昨日の胃袋といい、もう完全に夏モードの捕食物ですね。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2015-05-12 22:43 | 釣り | Comments(0)
2015年 05月 10日

今うわさのところ

今、たくさん釣れるよと噂されているところに昼から出かけてみた。

日曜日だしたくさん来ているだろうなと想定していたがそうでもなかった。

遠目にご近所のsakaさんらしきが見えたのでTELしたらやっぱりね(^^)

sakaさんからポイントのレクチャーを簡単に受けて開始です。
e0260013_5583819.jpg


当然いつもの安直システムですがまずはピンクで次に赤で、全く当たり出ません。でピーコックに替えたら。
e0260013_5575072.jpg

今は黒系が良いのかな?無難といえばやっぱり黒系か。

その後もワンパターンフライで爆々釣とまでは行かないが釣れます。でもちっさい、25~35cm。
数釣れる中にはデカイのもと期待はしたが出ません。15時ころ当たりが出なくなって来たので車に戻ることに。

だが途中の流れのあるプールで魚がたくさん見えるしデカそう。先行者に下でやっていいか了解をもらいキャスト。
見える魚は釣れないとの予想。でしたがすぐにヒット。やはり少しデカそうな引き。sakaさんから聞いた通り真っ黒だ。
e0260013_611344.jpg
40cmくらいだが今どき何を食べてるのかな~?
e0260013_6145246.jpg


次もすぐにヒット。今度はもう少し大きそう、50cmにやや足りないサイズだが色黒ではない。
e0260013_6185698.jpg

これも調査します。
e0260013_6193485.jpg


2度釣れたら当然3度目もと行きます。
e0260013_6233818.jpg


きょうはこんなところで止めておきます。また近いうちに来てみるか?

先行者の方、下流に走られかなり下がって行ったが途中でルアー?フライ?ワレットを落としてしまったとのこと。
がっかりしていましたがまた来た時に見つかると良いですね。ヒットパターンと釣り方を教えてもらいましたが参考
にさせてもらいます。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2015-05-10 19:43 | 釣り | Comments(0)
2015年 05月 03日

神居古潭散策

桜は例年ならゴールデンウィーク後半から満開になってくるのが今年はもう終わり近い感がする。
ましてやここ神居古潭はさらに遅いはずなのにピークはもう過ぎた桜模様である。

きょうは野鳥観察会に紛れ込んで探鳥というより散策を楽しんで来た。

まずは石狩川のかかっている白い吊り橋を渡ります。
e0260013_2230014.jpg

渡るのは何十年振りでしょうか?というより渡ったかどうかの記憶も定かで無い。遠足で25キロくらい
歩いて疲れてしまい、さっさとバスで帰ったしまった記憶だけが残っている。また早朝出発して歩いたり
小走りしたりと6時間くらいかかったはずだが、あまり楽しいとも思わなかったことだけが残っている。
e0260013_22555036.jpg

その後、国道のバイパス化で寄ることもなく、鉄道も電化で神居古潭駅も廃止。今は行楽地の一つと
なっているので一度は見ておきたいと思っていた。

この吊橋は昭和47(1972)年に完成(再建)らしい。土台(支柱)を見るとこれはそのまま再利用して
上の橋部分を作り替えたとようです。風は無いが少し揺れるのが分かりますが気になるほどではない。

渡り切ると右手に駅舎、左に汽罐車があります。
e0260013_22572451.jpg

駅舎の裏側は当然線路側となりますが、廃線後はサイクリングロードとなっております。(旭川間途中で
崩落危険のため現在は通行止)
e0260013_23156100.jpg

左手(札幌方面)に進みますとすぐに鉄の塊が展示されています。
e0260013_23185592.jpg
e0260013_23194663.jpg
ひとつ覚えのD51
e0260013_2322576.jpg

さらに進んでトンネルをくぐって行きます。
e0260013_23261374.jpg

トンネルを過ぎたところからの吊り橋風景。川は雪代で濁流状態です。
e0260013_23285520.jpg
ここからもう少し歩いたところで戻りますが吊り橋に戻ったところにある九条武子歌碑です。
e0260013_2334573.jpg

昭和2年に来たとあるが、当時の神居古潭はどんな風景だったのでしょうかね。寄るくらいだから当時も
名所だったのでしょうか?うっそうとした景色しか私には思い浮かばないが川の渓相は良かったと思います。

これで散策終了。この他にも山に登るハイキングコースもあります。またロッククライミング愛好者の岩場も
あるそうです。

秋には水もきれいで紅葉も映え春とは違う深い趣きがあると思うのでそのころに再訪したいものだ。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2015-05-03 23:48 | 観光 | Comments(0)