さまよえるフィッシャーの夢見帳

todaydream.exblog.jp
ブログトップ
2015年 12月 07日

2015師走の釣り(最後の釣りか?)

先月8日以降釣りには行っていない。気持ちとしてはシーズンオフとは思っていないが寒いのは苦手なのでパッと行ってパッとやれるところと安直な考えだけ。しかも天気・川の状況もどうか?と考えてしまうとついつい行かないでしまう。たまにはコロと遊んでやるかとなる。
e0260013_1748475.jpg
コロは雪が降っても寒くないからいいな~・・・-15℃くらいの夜は玄関の中に入れてやりますが。
e0260013_1753553.jpg


そしてきょう、今年最後の釣り?。2013、14年最後の釣りに行っているところに水質・水位・天気良し、積雪も少なそうなのでツボ足で行けそうと急遽12時出発であります。まだ人跡無し。あるのはキツネだけだね。
e0260013_18124344.jpg


なんやかんやと準備して13時開始です。フライはアメマス用にここの定番、オリーブのストリーマー。アクセントに上にエッグフライなんぞ。
e0260013_18352543.jpg

間もなくすぐに来ましたがなんかゴミがかかったような感触、かすかにピコピコと信号がある。
e0260013_1875634.jpg
まさかのニジマス。ここで小さくてもニジが釣れたのは初めてだ。ついでに今は何をお食べかな?
e0260013_1814289.jpg
想定はしてましたがやはり粗食のようですね。

さて今度はアメマスをと再開。これまたすぐにゴンゴンと、これは40cmくらいのアメだなとラインをたぐり寄せるのですが防寒ゴム手では素早くできません。緩んでしまったのか外れた~、まあまた当たるさと思っていたのですが全くなし。そのうち14時ころには雪融けの濁りが入ってきたし指も冷たくなってきたしと14時半で終了です。

う~ん。また来なきゃならないな!空いている日は10日、13日、週間天気予報をチェックです。
[PR]

# by wanderboy-hiro | 2015-12-07 18:38 | 釣り | Comments(0)
2015年 11月 08日

3日のところを再訪

きょうは本格的冬の前の寒さが来そうだ、これが今年最後の湖上釣りだと今月3日に行ったところを再訪。

今度は前日準備で忘れ物はない。準備万端ということになる。そして釣果も前回越えを目論んで7時出発。

きょうの予報気温は最高で4℃だが山上湖ではどうでしょう。9時近くで
e0260013_17381760.jpg
水温も冷たい3℃。
e0260013_17413936.jpg


「あんたも好きね!」と言われそうだが、風が無いので思ったほど寒くない。5~6時間は休まずやれそうだ。

濁りは5日前より少し薄まってる程度だが気温水温が下がっているせいかライズは皆無。当然沈めた釣りですね。
e0260013_1749168.jpg


今回もsakaさんほか3名エントリー、皆さんフローター釣りの名人のようで20本前後。sakaさんは30本越え。
e0260013_1753692.jpg
ドヒャーですね。私はトホホの◯本(〇〇本でなく◯が一つ少ない)。
e0260013_17565336.jpg
早合わせをしていないつもりだが抜けるのも多い。喰いが浅いのか?
e0260013_1822230.jpg
皆とどこが違う?色は黒系が無難なようだがフライサイズか?

私のは小さめ、どうも濁りのある時はまずは魚に見つけてもらうことを優先して考えた方が良いのかもな。

それでも岸際に投げてジッと待ってれば当たりは来ます。しかし数を出そうと思うとなかなかそれが我慢できないのです。
e0260013_18154777.jpg

それが今回も貧果で終わった要因かな?

今年最後の湖上釣り、楽しかったと負け惜しみながらチューブの空気を抜いて車に積み込みました。

そして来年こそ50本越えだと言いながらウェーダー脱いでいたらふくらはぎ攣りそう。歳ですね(笑)
[PR]

# by wanderboy-hiro | 2015-11-08 17:38 | 釣り | Comments(0)
2015年 11月 05日

1年振りの山上湖

一昨日(11月3日)、約1年振りとなる湖に行ってきたが朝にサクサクと準備して行ったがこういうのってダメね。

前夜は疲れていたので準備は朝にとあれとこれとと頭にめぐらしていたのだが当日の準備の時には見事何か忘れて

しまっている。

あ、何時に行かねばと時計を見ながら準備していたら必ず忘れ物をやらかすことは何回も経験済のはずだが。

20km走ったところでライフジャケット?これは絶体に忘れちゃダメなのに。ということで引き返し1時間のロス。

そして考えることは1時間あれば何匹釣れたかな~と。たかが小虹なのにせこく計算するのです。

昨年は10月26日で、それが初めての訪問で今回が2回目となるのでより以上の釣果を目論見ますが・・・

天気も良く暖かい、そして風が無いので湖面での釣りには最高だがかなり濁ってます。でも釣りにはなるようだし返って警戒心を緩和出来るかもしれない。
e0260013_126478.jpg


歩いては来れないのでボートからしか見れない風景もいいなとオールを漕いで行きます。
e0260013_0495794.jpg
e0260013_0502510.jpg


インレット方面に近づくと先行者4名発見。聞くと「ソコソコ」のようです。
e0260013_165638.jpg


ここでフライはドライにしてみるが、フロータント忘れ~っ、ティペットも0.8号しかない。ニッパーもない。

全くこれじゃ釣りにならない。意気込みが削がれてしまったが、こうなったらガツガツしないでノンビリとだ。

ドライに来た小虹。
e0260013_193565.jpg
しかしドライは厳しいか、沈める浮き釣りに替えると当たりが多い。
e0260013_1745026.jpg

sakaさんは少なくカウントしても30匹以上とか。凄い。
e0260013_1145741.jpg


魚体は1年前より少し大きくなっている。来年、再来年もっと大きくなって楽しませてくれよとリリースです。
e0260013_1273819.jpg
ここでは14時ころボコボコライズ、でもさっぱり。また来週天気良ければチャレンジだ。
[PR]

# by wanderboy-hiro | 2015-11-05 01:31 | 釣り | Comments(0)
2015年 10月 25日

管釣りで耐寒修行

きょうから天候が雪が降るという。雪だけならまだしも風が強い予報なので近郊ダムでのボート釣りは中止。

それは次週?にでもということで管釣りです。8月28日以来今年2回目の管釣りですがきょうは違うところ。

前回は爆釣したがきょうはどうでしょう。フローター大好きsakaさんからは厳しいよとは聞いておりましたが。

雪も小降りで幸先良くすぐにヒット。と思ったらスレ。そのあともすぐに来ましたが
e0260013_19574042.jpg
それからは沈黙。ライズもあるからとフェザントテールニンフ(テールは取れて無いからフェザントニンフかな)に

チェンジして引っ張ります。追いが見られる。やる気は有りそうだ。ここでニジも釣れたがブラウンもいるんだ。
e0260013_2025143.jpg

その後ずっと雪の降りが強くなってきて立ち続けているので足裏が冷たい。手も冷たい。sakaさん集中してますね。
e0260013_20102187.jpg

1時間くらい遅れて「釣るべ~」さんが参戦。いきなり数本釣り上げて行きます。
e0260013_20182245.jpg

私とどこが違うのか?どうもマーカーシステムが違うようだが繊細な当たりも見逃さい仕掛けになっている。

sakaさんも同じシステムで二桁は行ったそうだが釣れないな~と。
e0260013_2019116.jpg


私の一番重かったニジ、ティペット3Xで6番ロッドだが手がかじかんでいることもあり掬うのに時間がかかった。
e0260013_20243098.jpg


雪もまだ強いし身体のほうが限界になってきたのでその後ちょっとやって追加して撤収でした。

沈めるフライ、同じ色だと見切られてくるようなのでころころ替えたいがなんせ指が冷たいのでやっておられな

い。これが釣果が伸びない要因の一つかな?ミッジフライもやってみたが雪でどこにあるのか視認できない。

当たりらしいのも有ったのでピックアップしてみたが乗らないしフライ交換がたいへんなので試した程度。

管釣りといえども侮れない、と今回も思い知らされたがとにかく手足の先が冷たかった。
[PR]

# by wanderboy-hiro | 2015-10-25 20:39 | 釣り | Comments(0)
2015年 10月 23日

サケと綱引き

7月以来の北の本流、水も少なく濁りもなく川を歩き易い。「川の防災情報」を見てこういうタイミングを

図っていました。ただサケが邪魔するんじゃないかと。

現地10時半ころ到着。遅い遅い到着です。時間的にきょうはここの大場所で終わってしまうだろう。

流れの中にはこれからもっと上流を目指すのが多数見られる。何とか当たらないように願うのですが・・・
e0260013_2044383.jpg

7・8番ロッドだと無理もできないので綱引きを2回もしてしまった。まだ色黒くないのでパワーがありました。

納竿14時近くに釣れたアメマス。
e0260013_20444840.jpg


北の本流ではデカいフライを好んで使っている。シャンクが長い#2、それでも小虹やアメマスが食い付いて

くるのだから面白い。

本命のデカニジにはきょうも縁がなかった冴えない釣行でしたね。
[PR]

# by wanderboy-hiro | 2015-10-23 20:51 | 釣り | Comments(0)