さまよえるフィッシャーの夢見帳

todaydream.exblog.jp
ブログトップ

タグ:自然 ( 8 ) タグの人気記事


2014年 09月 17日

ダブルレインボーブリッジ

残念、家の少ないところで撮ろうとウロウロしていたら薄くなっていた。

所用でとある建物に入るときは雨が降っていたが、1時間後出るときパラパラの中で明るい陽射しがでている。

ちょうど雨も上がったところなのだろう。見事というか鮮やかな虹がくっきりとアーチになって出現しているではないか。
そしてそれだけではなく、更にその上にやや薄いが虹がかかっている。

珍しい現象か?でないにしてもそう出会うことはないだろう。
ましてや仕事中なら虹が出ていることことすら分からないのだから。

e0260013_22445271.jpg

どこまで行っても家が邪魔だが虹が消えないうちにとあわてて撮った。
道路正面の奥の方、少し右にかすかに虹が見える。この時は消える直前。

近い空間での発現なのか鮮やかな虹を見たのは久し振りという感じで見とれていましたね。

そして歌の文句じゃないけれど「虹の彼方には何が?」 と。何もないのは分かっているがちょっと空想に耽けてしまう(笑)
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-09-17 23:03 | 自然 | Comments(0)
2012年 10月 27日

美深R49の滝

25夕~26日、今時期のサケや釣り風景はどうなっているのか? という夢を見た。

10月末は行ったことがないのでオホーツク海お馴染みのポイントを3箇所ほど見てきた。

音O、乙OO港、オチャであるが、最後に行ってからひと月後は閑散。
サケフィーバーもあっという間にだ。波が高いこともあるが河口では魚さえ確認できなかっ
たが川にはたくさん入っている。黒々したサケがハネているのですぐわかる。

乙港もたくさん確認できるがどれも真っ黒、斜路の際にはとぐろを巻いているくらいだ。
可愛そうに故郷に戻れずここで行き倒れしてしまうのか?
そしてまだいい色のがいるのであろうか、平日でも10人ほどの釣り人がいた。

こんな状況であるから写真も撮らなかったのであるが、せっかくだからとついでに足を延ばしてと。

26日、この時期のオホーツク海を眺めた後は松山湿原入口があるルート49を走ってみることに。

そして途中の標識を見ながら寄り道をしてみた。

最初の寄り道は「深緑の滝
e0260013_19502328.jpg

2Kmほど林道を走ると見えるのですが、直前の道路がひどいでこぼこになっていましたね。
e0260013_19535968.jpg
e0260013_19551318.jpg

ここで車に戻るとき、溝にかかっている木の板に飛び下りたらツルっと滑って転倒してしまう。
幸い右の腰あたりが汚れただけであったが、危ない危ない(寝汗が出ます)。

さて元の道路に戻ってさらに走ると 「激流の滝」なる看板があったのでここも寄り道。
e0260013_2003394.jpg
なるほど小さいながらも見ごたえがある。
e0260013_2013231.jpg
e0260013_203497.jpg

下流から見てみると
e0260013_2033712.jpg
e0260013_204252.jpg

短いけれど迫力はありました。雪解け時ならもっと激しい流れだろうな!

他に「高広の滝」などあるがそろそろ時間なので次の機会にということにしよう。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-10-27 20:16 | 自然 | Comments(0)
2012年 08月 22日

神門の滝

18日、カラフトマス空振りの帰路。

鮭・カラフトマス釣りで過去何10回となく、否100数十回は通った道にこの掲示案内がある。
e0260013_1452086.jpg


いつかいつかと思いながら通り過ぎていたので、この機会に寄ってみることにした。

以前は『神門の滝祭り』のような催しがあったようだが今は廃止となっているようだ。

距離にして車のメーターでは8.5Km、しかし走行時間は思うほど以上にかかってしまう。
なるほど、これではちょっと足が遠のく感じがしないでもない・・・私感ですので。

現地駐車場からやや急斜面の坂を下るが、チップ(木片)を敷き詰めてあるので歩きやすい。
e0260013_20533424.jpg


これが「神門の滝」か
e0260013_20563136.jpg
e0260013_2104954.jpg


駐車場にある説明板より
e0260013_20574076.jpg
e0260013_2134840.jpg


滝の河原で本州から来た小学生の孫を連れて何か採集しているおじいさん、地元だそうで昔からここに
きているらしい。珍しいものが生息しているらしく孫の夏休み宿題の教材に利用しているようだ。
お~、在来種だ。まだ外来種におびやかされていない聖域なんだ。
写真を撮らせてもらったが掲載は止めておこう。

滝の下、左側はかつては深い淵になっており釣り人がよくきていたそうである。
しかし現在は崖崩れで埋まっており水溜まりは無い状態である。

今まで一度行こう見ようと思って気にしていたのが、これでなんだか解放された感である。
これからはここをそれほど気にせずに通れることになるでしょうね。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-08-22 05:38 | 自然 | Comments(0)
2012年 06月 06日

105年後の夢

2117年12月11日、つまり105年後に起きる夢をみました。

金星が太陽面を横断するという滅多にない天文ショーであります。

というか最近では2004年、そして2012年6月6日ですからね(・・・きょうでしたね)。
e0260013_16403058.jpg
                               (2012.6.6の太陽面通過状況)

日食メガネで見ても肉眼ではかなり小さい。さすがにデジカメでは写せません。

サイパルの天文台で撮ってきました。
e0260013_16324952.jpg
右やや下にある丸く黒いのが金星ですね。実際とは逆に投影されているとのことです。
そして中央近辺にちょこちょこと散らばって薄くみえる黒っぽいのはレンズに付いているゴミではなく
太陽の黒点ですよ。
ちなみに太陽が6000度くらいで黒点は4000度らしいです。

次回は105年後か、その時はどこかのお空から見てみましょう(笑)
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-06-06 08:43 | 自然 | Comments(2)
2012年 06月 05日

すずらん

ほのかな香り、ここは群生地。鼻を近づけなくとも肌寒いがしっとりとした空気とともに漂ってきます。
e0260013_93545.jpg


樹木が乱立しているほどでもなく、牧場の址なのか(・・・西太后様のひらめき)と思ったらやはりそうでした。
e0260013_962062.jpg

かつて馬を放牧していたが有毒なスズランが選択的に残り、それが繁茂して群生地となったそうです。

しかしよってたかって乱獲したので群生地としての危機もありましたが地元の努力もあり、復活。

もちろん今は採取禁止です。おいしそうなワラビもです(笑)
e0260013_97541.jpg


タイミング良く10時からのオープニングに「スズラン1本」と交通安全の願いをこめた「愛の鈴」をいただくことができました。

広場では平取牛の焼肉会場ともなっておりますが、昼ごろには賑わうことでしょうね。
e0260013_9114139.jpg


e0260013_9142437.jpg
e0260013_9135674.jpg
e0260013_9375386.jpg


そして二風谷で町営のアイヌ文化博物館の見学もしてきました。
e0260013_9212953.jpg
人の好み・見方はそれぞれでしょうがなかなか見ごたえのある展示場でした。
展示品に年代が表示してあればさらに良かったのにとは思いましたが。

その流れで「萱野茂二風谷アイヌ資料館」も見学してきましたが、萱野茂さんがいかに
アイヌ文化・精神を保存・継承させていこうかということが両館を観て伝わる思いでした。

通りがかったらぜひ寄られることをお勧めします(両館セット入館料 700円)
チセでの実演も見られます(無料)


以上、3日の夢でした。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-06-05 09:41 | 観光 | Comments(2)
2012年 05月 22日

日食

昨日は日本で金環日食が起こりました。

国内では25年ぶりとのこと。ただしこの時は沖縄と限定されましたが、今回も
残念ながらここ北海道では部分日食となってしまいました。でも晴天でしっかり
と見れる好条件です。

さっそく日食メガネなるものを購入し、サイパルまで行ってきたが早朝にもかか
わらず入れ替わり立ち代りできております。
e0260013_5484850.jpg



天文台の中では望遠鏡で投影した形で見ることができ、パソコン画面にも写しだ
しております。
e0260013_553119.jpg
e0260013_5532919.jpg

7時10分ころの食

屋上でも同じようにして見せてくれます。
e0260013_5543813.jpg


ついでにここから南側の風景を見てみました。
e0260013_5554674.jpg
忠別川にかかる神楽橋が見えます。

サイパル資料では旭川の食のピークは7時52.1分、83.6%ですが、
これは自宅に戻ってから観測することに。

自宅では日食メガネにコンデジカメをくっつけて撮れるかと試してみましたが
e0260013_663848.jpg
食はピークなんですがね、これでは50%くらいでしょうか。

日食メガネ  サイパルで¥399
e0260013_6412940.jpg



さて次回はというと
2030年6月1日 なんと北海道で金環日食が見れるんですね・・・天気良ければ。

18年後か・・・ん~ん?

サイパル専門職の話ですと、日食は世界中のどこかで毎年あるとのことですが日食
より騒がれていないがもっと珍しい現象が来月6月6日にあるそうです。

金星の太陽面通過
前回は 2004年 6月 8日 であったが
次回は 2117年12月11日 とのことですから105年後ですね。・・・今生きておられる方はほぼ100%観測不可能ですね(笑)

観測方法は日食と同じだそうです。
絶対に直接見ないで下さいね。もっともかなり小さく黒点のような。
黒い下敷き、ガラスにろうそくのススでの観測も目を傷めるからダメ
とのことです。・・・小中学生のころはこうやって良くみましたが今のところ無事のようです。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-05-22 06:49 | 自然 | Comments(4)
2012年 04月 11日

本流散歩初め

なかなか暖かくならないですね。

でも昨日はちょっといい天気だったので14時ころ河原を散歩していました。
e0260013_16008.jpg


雪解けが遅いので水は少なく濁りがないのでいい雰囲気ではあります。
e0260013_15583663.jpg


そしてアプローチは雪がしまっていて歩き易く汗かくこともなかった。
e0260013_1602176.jpg


せっかくだからとAIRFLO SKAGIT COMPACTの試し投げをちょこっと。
一応、いいかげんなフライを付けてはみたもののあたるはずがない。

陽気に誘われてこの虫(何ていうのかな? クロカワゲラ? )が多く徘徊してましたね。
e0260013_1604730.jpg


またもや釣れない夢でしたが、暖かく気持ち良い散歩ではありました。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-04-11 17:13 | 自然 | Comments(2)
2012年 03月 13日

宗谷の流氷

稚内港が流氷で埋まりフェリー航行が止まったのは11年振りとか。

そのニュースを聞いたら見に行った夢を。

そういえば流氷ってまだ一度も見ていないな。

冬道の遠乗りは不安で及び腰ですが夢ならひとっ飛び(笑)

10日夕方の光景です。
e0260013_21155279.jpg

e0260013_21263328.jpg


北防波堤ドーム、街灯が点いてます。
e0260013_21191291.jpg


11日6時半、陽は思ったりより昇っている。
春が近いことが感じられますが、ここは最北の地、まだまだ寒さが居座るのでしょうね。

昨夕と同じところかられぶんを見る(6時43分)。
e0260013_21425316.jpg

そのころなんとフェリーが動き出しました。流氷が開いたのかな、礼文島へ向かうのでしょう。
e0260013_64102.jpg

北防波堤の中はウォーキングコースですね。ワンちゃん連れ散歩も頻繁です。
e0260013_61919100.jpg
 
港内の様子。
e0260013_615398.jpg
e0260013_6175963.jpg
e0260013_6274373.jpg


折角ですから宗谷岬、さらにぐるっとオホーツク海も猿払・浜頓別まで見てきました。
e0260013_638866.jpg

流氷とけて春風吹いて~     ダ・カーポの歌声が聞こえてくるようですが寒~い(笑)
e0260013_684874.jpg
林蔵さんご苦労様です。
e0260013_6101870.jpg


ここからオホーツク海側になってくるに従って沖の方まで流氷がびっしりと。東風の影響ですね
e0260013_6401897.jpg

カラフトマスが早寄りするという東浦海岸付近。
e0260013_6363552.jpg


猿払「道の駅」前の海岸。
e0260013_6422781.jpg
e0260013_6452226.jpg

5月末あたりにはここの夢を見るであろう猿払川河口。
e0260013_6475639.jpg


このあと浜頓別までは流氷も少なくなってきているようでした。

ここから内陸に入り南下しますが最後に映ったところは美深大橋上流側
e0260013_6512050.jpg


ちょっと長くなってしまいましたが楽しい夢でした。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-03-13 08:46 | 自然・生物 | Comments(0)