さまよえるフィッシャーの夢見帳

todaydream.exblog.jp
ブログトップ

タグ:野良仕事 ( 7 ) タグの人気記事


2015年 08月 19日

お初の自家作物(桃と向日葵)

自宅庭に昨年植えたの苗木、今年見事?に結実。初めてなのでもぎ取りころはいつか?

[PR]

by wanderboy-hiro | 2015-08-19 01:32 | 野良仕事 | Comments(0)
2015年 07月 29日

にわか養蜂士

以前より体験してみたかった蜂蜜採取作業、28日体験してきました。

今年で北海道64年目。一度も欠かさず毎年来ている養蜂家、岐阜県からです。

妻の実家の古い家屋を拠点に活動している縁で今回実現したのですが、80歳の養蜂家は今年が最後

ということのようです。昨年まではおばあちゃん(奥様)が作業を手伝っていたのですが、膝が痛くまとも

に動けない状態(昨年は何とかやっていた)なので助っ人としてお手伝い=体験してきた。

朝6時出発。採取は午前中までに終わらせなければなりません。なぜか?その日の蜜が混ざると糖度が
下がるとのこと。巣箱の蜜が溜まってきたからすぐ採取とは行かず、最低でも一週間以上置いて濃度を
高めて糖度を確保するとのこと。

現地に着きました。積んできた器材を降ろします。なんだここは昨年釣りにきた川のところだ(笑)
e0260013_6351589.jpg


蜂除け用の燻器具。南京袋(麻)端しきれに火をつけて付いているふいごでパフパフして煙を出します。
e0260013_6412722.jpg

巣箱をさっそく開けてみます。
e0260013_644298.jpg

e0260013_6454891.jpg
e0260013_646376.jpg

採取は上段のプレートだけです。下段までするととっても時間がかかるのでしない。
e0260013_65071.jpg

プレートを遠心分離器(ステンレス製)にセットして回しますと
e0260013_6524734.jpg
下の穴から美味しそうな蜜の香がしてきます。
e0260013_6544863.jpg


受け容器にある程度貯まるとストレーナーに掛けながら専用缶に移します。これを後で再度選別するとのこと。

熊除け用電流線の熊専用バッテリーとか。これならどこかで事件となった死傷事故は絶対ないそうです。
e0260013_7442367.jpg


以上、採取作業だけで見ると難しいとか重労働だとかは感じないが管理はたいへん気を使うらしい。
農薬には弱いので畑のすぐ近くとは避ける、検査される蜜の糖度・農薬の混入の有無、違う蜜が混ざらないか(蕎麦の蜜は黒く混ざると価値が下落)とか。また蜂を増やしたり蜜が取れない時は砂糖を与えたりとか生き物だけに気が抜けない稼業です。

きょうの採取量は非常に少ない、雨が続いたりとか天候が悪いと極端に収量が落ちるそうです。これからに期
待ですね。

予約はたくさんあるそうですが、それだけ確保できるか心配されておりました。

きょうの体験だけからですが、本州からきて蜜があまり取れないと採算が取れないなと。

結婚してからも乳飲み子抱えて来ていた昔の話など、人生の半分は北海道で過ごしたが来年は夏の暑さを
向こうで(岐阜)越せるか心配しておりました(笑)

せめて今年はたくさん取れることを期待して、またにわか養蜂士になってお手伝いします。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2015-07-29 01:07 | 野良仕事 | Comments(0)
2014年 07月 09日

じゃがいもの花

今年はじゃがいもを5品種植えてみた。特に調理計画があった訳ではない、何となく植えてみようかである。

家庭菜園だから少量多品種で楽しむことは出来るが、家庭菜園とはいえ作業の効率が良くない。来年は
2~3品種がいいところだろう。
e0260013_22502383.jpg

ちょうど花が咲き始めたのでそれぞれの花を眺めると似ているもの、全く系統が違うのかなと思うものとある。

ちょっと鑑賞してみるのも楽しいが、記録として撮ってみた。


スタールビー   皮が赤っぽく中はクリームっぽい。甘くとても美味しいのでこれは毎年植える。
e0260013_22332742.jpg


北あかり
e0260013_22361866.jpg
   

男爵
e0260013_22372539.jpg


北あかりと男爵、似ているな。

メークイン   煮崩れしずらいので煮物に適しているが私個人としては好みではない
e0260013_2240835.jpg


シャドークイーン   皮も中身も紫色。物珍しさはあるが美味しくない。昨年採れた残りがあったので植えたが来年は植えない。
e0260013_2244369.jpg


食べきれないのにこんなに植えてどうするかと思ってはいたが、ついつい面積が増えてしまった。
それだけ作業が増えてたいへんです(^^)

収穫したら、芋の断面を撮って見比べてみます。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2014-07-09 22:25 | 野良仕事 | Comments(0)
2013年 07月 28日

プチ農家か?

今週は釣行記なし。

先日、離農した方の農家の納屋に数年?眠っていた耕運機を引っ張りだし借りることにした。
KUBOTA B6000 30数年前の年代ものであるがまだ現役バリバリで活躍できるとのこと。
当然整備が必要な状態で農協の整備工場にてしてもらう。
タイヤ、バッテリーの交換もされ戻ってきた。
e0260013_2251355.jpg

操作の手順を農協の方に指導してもらい、次の日試運転兼ねて草ボウボウのところをかき回してみるが
順調なようだ。ただエンジンのかかりが一発始動といかず予熱をしっかりしなければならない。
e0260013_22525050.jpg

昨年購入の菜園用耕運機は小回りが必要なところの耕うんや土寄せに使うことにする。
e0260013_2394199.jpg


そしてほぼ同時にタイミング良く見つかった軽トラSUZUKI CARRYも入手。
e0260013_2246685.jpg

いろいろな資材の運搬に最適だ。今まで乗用車に積み込んでいたがこれで汚れなくてすむ。

さてこれだけ準備してどうするか?(汗)
[PR]

by wanderboy-hiro | 2013-07-28 22:59 | 野良仕事 | Comments(2)
2013年 07月 16日

ニンニク収穫とリンゴ害虫

きょう、昨年11月9日に植えてみたニンニクを収穫した。

収穫時期はインターネットで検索してみると下の葉が枯れてきたら採り頃とあったのでいいのかなと
掘り起こしてみた。
e0260013_1239376.jpg

まぁ、何とかそれらしくなっているが球が小さい。大きいのも少しあるが、どうやら茎の太さで決まる
ようなので次回は土壌を良くすることが先に必須のようだ。

葉の方をカットして日陰となる灯油タンクの下に吊るして干します。
e0260013_12404051.jpg

乾けば完了ですが味・香りはどうなのかは後のお楽しみということにします。



リンゴの袋掛けをしようとしたら害虫にやられてほぼ壊滅です。
e0260013_1252328.jpg

昨年は同時期でも無事だったのにと思うとちょっと悔しいやら残念やら。
なんたって次は来年の秋まで待たなければなりませんからね。
[PR]

by wanderboy-hiro | 2013-07-16 12:54 | 野良仕事 | Comments(0)
2012年 09月 24日

秋の味覚といえば

代表格はやはり、リンゴとブドウですかね。

我が家の畑でも初摘みをしてみました。
e0260013_23235227.jpg



リンゴ、一昨年に「つがる」と「ふじ」を植え、3年目にして生りましたね。
e0260013_23251214.jpg

写真は「つがる」。どこが味のピークが分からないのでとりあえず3個をもいできた。

落果していたのを拾って食してみたがいけます。もうちょっとというところでしょうか。

「ふじ」は薬散布前に花を喰いあらされ僅かに残ったが結局2、3個しか生らずでした。
これは10月半~末に採る予定である。
e0260013_2327828.jpg



黒ブドウ

山の畑にもともと有ったのを株分けしたもので品種はわからない。これも一昨年に植えたが良くなるものだ。
e0260013_23311546.jpg


白ブドウ

2本あるがどっちがナイアガラ?ポートランド? 20年以上になるので覚えていない。
毎年剪定で、バッツバッツと払っているが結構問題なく生るものだ。
e0260013_17254527.jpg


両ブドウとも食できるが、まだ香りがたっていないのでこれももう少しか。


リンゴもブドウも花がたくさん咲くが家庭で食べるだけなので思いっきり摘果をしている。

一次摘果:花が咲き終わって小さな実がついたところで形が小さい、粒が不ぞろいなのは遠慮なく落とす。
二次摘果:ある程度実が大きくなったところで全体のバランスを見ながら成長が遅れているところ、形状が
       悪いところをこれまたパチンパチンとハサミで惜しげもなく落とす。

しかしもったいない根性のせいか、それでも結局多く実らせているみたいだ(汗)
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-09-24 23:50 | 野良仕事 | Comments(2)
2012年 05月 23日

菜園に文明の利器がやってきた

2年続けてスコップで土起こしをしていたのですが、腰が痛いし時間もかかるので植えつけの
タイミングがいつも遅くなり、これが毎年続くのかと思うともういやになる。

とうとうガマンができず、またこれからも毎年のことであるので思い切って・・・いてて懐が(笑)

当分、釣りタックル・グッズの購入は自粛ですね。

いや~、早い。楽です。
e0260013_21192547.jpg
西太后様も慣れたらすいすいです。
e0260013_21213881.jpg


今まで何日もかかっていたのが一日で済んでしまい、芋やトウモロコシを植えるところが出来ます。
e0260013_21232186.jpg


ジャガイモはおもしろ半分にいろんな品種を少量ですが植えてみることに。
新しい品種「ピルカ」
e0260013_21262720.jpg

昨年9月、深川道の駅で買った「ノーザンルビー」も試植してみます。
e0260013_21312843.jpg

そのほか、「男爵」、「北あかり」、「インカのめざめ」を植えましたが果たしてうまくできるかな(笑)

長ネギもインターネットで見た手のかからない栽培方法を真似てみましたが、本当にうまくいくかどうか
半信半疑という気持ちです。
e0260013_21362339.jpg


さて文明の利器、耕すこと以外にも重要な役割があります。

畑として利用していないところは草ぼうぼうとなってしまうので、これでこまめに起こしていけば多少は
防げるかなという思惑もあり導入を決意したので非常に期待される利器であります。

(注)伸びすぎてしまうとダメみたい、専業農家の大型でないと・・・涙
[PR]

by wanderboy-hiro | 2012-05-23 21:50 | 野良仕事 | Comments(0)